利用規約

mstdn.maud.io について

English ver (WIP): /mastodon/about/en

mstdn.maud.io について

はじめに

mstdn.maud.io (以下『当サーバー』とします) は、サークル『秘密結社あかねぶるー』によって運用・提供される Mastodon サーバーです。

まず、 https://mstdn.maud.io/terms に記載されているプライバシーポリシーを確認してください。たぶんMastodonの標準のそれのままですが、必要なことは殆ど書いてあるはずです。

以下ではこのtermsを前提とした上で、当サーバーに特有かもしれない事象とかを書きます。

運用について

  • 当サーバーによるサービスは無償かつ無保証にて提供されます。
    • 管理者が寝ている間の障害発生には対応できません。
  • 管理者は予告なく一時的なサービス停止を伴うメンテナンスを行うことがあります。
    • 極力予告する予定ですが、停止したら @hota@dp.akane.blue が事後報告するはずです。
  • この規約は都度改定できますが、利用者には必ず告知を行うものとします。

落ちたかな?と思ったら

禁止行為

以下に示す行為を当サーバー上で行うことを禁止します。

  • 宣伝・広告のみを目的としたアカウントの作成
    • アフィリエイトリンクを含むブログの新着投稿を告知したいとかであれば、botの運用について に従うか、個別にご連絡ください
  • 国内法に反する行為やそれを唆す内容の投稿
  • 有害なリンクの投稿
    • 出会い系とかそのあたりが主だが、当面は通報に対して個別に判断
  • ユーザーとサーバーに対して迷惑のかかる行為の一切
    • 例1: 相手に通知を送信させることを目的としたアクション(フォロー/お気に入り/ブースト/返信)を繰り返す
    • 例2: 購読を主な目的としない無差別でのフォローおよび大量のフォローインポート(後者は事前に管理者へお問い合わせください)はサーバーへの負荷の原因となるため認めていません
  • 差別的発言等、特定の相手を傷つけるおそれのある言動
    • これは線引が難しいところで、可能な限り言論の自由は尊重していきたいところ

これらに違反したユーザーについては、通報に基づき

  • 当サーバーのユーザー: サイレンス(公開タイムラインへの非表示)/ログイン停止/アカウント削除
  • 外部サーバーのユーザー: サイレンス/停止(当サーバー上からの抹消)

を予告なく行うことがあります。

アカウントの作成

  • 事前にこのページを読んでいること
  • 当サーバーでは機械的なアカウント作成の自動化に対処するため、Google reCAPTCHA (v2) を導入しています。
  • 有効なメールアドレスを使用してください
    • mail〄mstdn.maud.io はMastodonによるメールの送信元です(配信には SendGrid を使用しています)。新規登録時の確認、パスワードのリセット、アカウントに何らかの措置が行われた際の警告、退会処理の実行連絡、などに用いられます。このアドレスに向けて返信しても管理者へ届くことはありません。 ご注意ください。
    • admin〄maud.io はその名の通り、管理者(admin)の連絡先メールアドレスです。何らかの理由でメールによるやり取りが必要になった際に用いることがあります。
  • 「捨てアド」などの一時的なメールアドレスを用いたアカウント作成は認められていません。
    • 一部のドメインは既にブラックリストに登録されており、アカウントの新規作成には使用できなくなっていますが、それ以外のものについてもアカウント停止の対象とすることがあります
  • 登録後12時間以上が経過しても一度もメールが飛んでこない場合は、下部の連絡先へご一報ください
  • 現在、アカウント登録にあたっては管理者による承認を経る必要があります。この作業は手動で行われているため、登録の完了までに時間を要することがあります。
  • フォームの自由記述欄には、あなたがbotでなく人間であり、利用規約(このページです)をこの行を含めてきちんと読んだことがわかるように、好きなたべもの(内容は審査に影響しませんし、審査後は直ちに破棄されます)を記入してください。
    • 何も記載がない場合、またここに指定する項目の記入がない場合は規約を確認していないものとし、原則として却下されます。
  • 通常は24時間以内に確認が完了するようになっていますが、数日経っても可否が明らかにならない場合は下部の連絡先へご一報ください。
  • また、あなたが人間であるにもかかわらず、botであると疑われて登録申請が行えない、あるいは申請が却下されたことに不服を申し立てる場合は、下部の連絡先までご一報ください。

アカウントの削除

  • 当サーバーや連合先のサーバーへの影響を鑑み、ユーザの操作による直接のアカウント削除の機能は無効化されています
    • しかし、当サーバーの全てのユーザは管理者に対して自らのアカウントの削除を希望することができます。特別な事情のない限り管理者はそれをただちに受理し、実行するものとします

通報について

  • 上で掲げた禁止行為に抵触している特定のトゥート・ユーザに対する通報を受け付けます
  • 通報に関しては以下の項目を明確にしてください。記載がないものは処理の対象とされません
    • トゥート単体に問題があるのか
    • ユーザ自体に問題があるのか
    • どのような問題があるのか
    • 当事者による解決はできなかったのか
    • (客観的に見て)どのような処置が適しているか
  • 通報内容について、その後の処置などの問い合わせについては一切応じません

botの運用について

当サーバーでは原則として禁止はしていませんが、追加のルールが存在します。2018年9月までの mstdn.jp のbot運用ルールを参考にしています。

原文引用(畳まれています)
ある程度プログラムが書ける人の中には、API経由で投稿ができるWebサービスを見つけたら何かボットを作ってみたくなる人も多いことかと思いますが、そういった方々にお願いがあります。

Mastodonの根幹となる要素に「連合」というものがあります。これは、リモートフォローをすることによって他のインスタンスのアカウントとも繋がることが出来るという、従来主流であったSNSには存在しなかった要素です。

Mastodonには連合の仕組みがあり、他のインスタンスからリモートフォローを受けることができるため、何百、何千とあるインスタンスのうち、いずれか一つのインスタンスにBotアカウントを設置していれば、使いたい人はそれをリモートフォローしに行くことができます。

ですから、わざわざ他のインスタンスにも設置したBotをわざわざmstdn.jpにも設置するようなことは絶対にしないでください。そのようなBotに対してはサイレンス処理を行うことがあります。

また、ローカルタイムラインや連合タイムラインは、日常的に閲覧する用途に向いていないタイムラインではありますが、交流したい人を探す用途に用いられていることは確かですので、なるべく自動投稿の類が表示されることを避けたいと思っています。

なお、このサーバにおいて適用されるbot運用ルール は以下のとおりです:

botの定義

  • プログラムなどの手段により当サーバーの提供するAPIを利用し、自動化された操作を行うものを以下 botプログラム と呼称します
  • botプログラムを用いた操作を主とするアカウントを以下 botアカウント と呼称します
  • botプログラムには、Twitterなど他のSNS/マイクロブログにおける特定のユーザーによる投稿本文を当サーバー上のアカウントを用いて逐一再投稿(ミラー/擬似的な同時投稿)するものを含みます

運用ルール

  • このページで定めている他のルールについても守ること
  • botプログラムによる投稿について、公開範囲は 原則として Unlisted/未収載 以下を使用してください
    • 未収載の投稿は公開タイムライン(ローカルタイムライン、連合タイムライン)には表示されないところが public/公開 との違いであり、ホームタイムラインとユーザーのプロフィールでは公開表示され、外部からも視認可能です
  • botプログラムを用いて能動的なフォロー操作を行うことは認められません
    • 例えば「他のユーザーにフォローされた際に、自分も相手をフォローする」操作をbotプログラムによって自動化することは受動的なフォロー操作といえるでしょう
  • botアカウントでは、 bot フラグを利用することを推奨します
    • プロフィール設定から「これは BOT アカウントです」のチェックを入れることで、プロフィールにbotフラグを表示することが出来ます
  • botアカウントによるフォローを行う際は、特に #nobot などのbotに対するオプトアウトは尊重すること
  • botアカウントがフォローしていないアカウントの発言(botに向けてのmentionを除く)に対して不必要なfavoriteやmentionを投げないこと

要するに自らの意思でフォローしてきたユーザに対して投稿を公開するのは自由ですが、公開タイムラインをbotプログラムを用いた投稿で埋めるようなことがないようにしてください。
複数回の注意・警告の後、従って頂けない/連絡がつかない場合、当該アカウントのサイレンス処理を行うことがあります。

添付メディアの扱いについて

  • アップロード可能なファイルサイズの上限は 画像が8MB、動画が40MB です。これは tootsuite/mastodon の上限と同じです。
    • これを上回るものは 拒否 されます。
  • 画像のキャンバスサイズの上限は 3686400ピクセル です。これは tootsuite/mastodon の上限とは 異なります
    • これを上回るものは自動で リサイズ されます。
    • 16:9だと 2560x1440 (WQHD)、1:1だと 1920x1920 にあたります。
  • 当サーバーではファイルサイズの削減のため、 PNG→JPEG変換 を導入しています。これは tootsuite/mastodon にはない 追加機能 です。
    • ざっくり言うと 透過でないPNG (透過PNGおよびJPEGのアップロードは対象外です) に対してJPEGへ変換をかけ、ファイルサイズの小さい方が採用されます。
    • 移植元であるアイマストドンのFAQ、 投稿への添付画像について :: アイマストドンFAQ も参考にしてください。
  • 当サーバーでは Amazon Web Services が提供するオブジェクトストレージ、 Amazon S3 を利用して添付メディア、アイコン、ヘッダー画像、リンクのプレビュー画像などのメディアファイルを保存しています。
    • 最新の障害情報については AWS Service Health Dashboard から該当リージョンをご確認ください。
      • 2020年9月現在、当サーバーでは Asia Pacific/Tokyo リージョンを利用しています。
  • これらのメディアファイルは Amazon CloudFront によって提供されるCDNを経由して配信されます。
    • 対象となるメディアは s3-mstdn.maud.io ドメインから配信されています。 mstdn.maud.io 本体ではCDNを利用していません。
    • 最新の障害情報は AWS Service Health Dashboard からご確認ください。

連合リレー

現在、当サーバーは連合リレーへの接続を無効化しています。

その他

  • R-15やそれ以上に相当する画像の添付には、NSFW (Not Safe for Work) フラグを活用してください。

連絡先

代表の連絡先として利用可能な経路の一覧です。信頼できる経路を選択してください。また、可能な限り連絡者が本人である確認ができる手段を推奨しています。

service username about
Keybase @hota おそらく最もセキュアな連絡先です。
Telegram @hotatech その次くらいにセキュアな連絡先かも。
Mastodon @hota@mstdn.maud.io 重要な連絡の際は公開範囲を Direct にしてください。それ以外の公開範囲は他者からも視認可能なほか、他の通知に流されてわたしが見逃すことがあります
Discord hota#4982 ダイレクトメッセージを使うとよいです。よく見てます
Twitter @lindwurm フォローに関係なくDMを受け入れています
Mail admin@maud.io 送信元によっては稀に届かないことがありますが一応